【無料マニュアル】オタクでもモテちゃった!たった3つのルール-瀬名晴太の恋愛テク

スタートダッシュで女にモテる為のたった3つの”恋愛モテテクニック”を公開中! 口べた男子が恋愛心理を学んだら本当にモテちゃった『恋愛レベルが上がる逸品』をお届けします!

http://seo-man.biz/cb/333/

【無料マニュアル】オタクでもモテちゃった!たった3つのルール-瀬名晴太の恋愛テク

キャンペーン期間

期間未定

取扱ASP

イーソリューションアフィリエイトセンター

紹介文

=======================================================
▼元オタクが彼女と10人の女を作った▼

「の●太のくせに生意気だ!」…なんて言わないでください。
これは本当の話です。“恋愛負け組代表”が43日で好きな女性を
振り向かせて、さらに10人の女を作った本当にあった話なんです。。

●漫画で分かる、元オタクの挫折と成功。
⇒ http://seo-man.biz/cb/333/
=======================================================

 

こんにちは。
瀬名ハルタと申します。

僕は今でこそネットを通して、
恋愛のメルマガ講座などを配信させてもらっていますが、
元々はモテない男でした。

どれぐらいモテないかと言うと、
小学生の頃は当時好きだった女に、

『ようやく完成した工作の絵を、
その上から黒い絵の具でぐちゃぐちゃに塗りつぶされた』

ことがあるぐらいですorz

小学生にしたら、これは
トラウマになるレベルですよ(涙)

そして中学、高校になるとトラウマを引きずりながらも、
「なんとか彼女が欲しい!」と一丁前に考えるようになりました。

でも、とにかく悶々とした時期ですからね…
妄想ばかりが先行して、女に話しかけるのすら
『どもって』出来ませんでした(汗)

 

高校当時の僕のマイブームと言えば、、
「クラス中の女の裸を想像して楽しむ」
という卑屈極まりない男だったのです。

でもその後は一大決心をします。
「俺は東京に行って変わる!」
という決意をしたのです。

なので高校を卒業してからは、
東京での初めての一人暮らしが始まりました。

専門学校生になった僕は、
「今度こそ理想の彼女をつくるぞ!」
と“鼻息荒く”意気込んでいました。
(↑モテない男の典型です…)

 

正直、勉学は殆どそっちのけで、女を捕まえる為に
日々画策する不純極まりない輩でした。

だけど相変わらずひっこみ思案で女の前に出るとどもってしまう。

「あ、あの、えーと…あのさぁ…」
「な、なによ、なんなのよ!?」
とこんな感じで、女に話かけても不審者扱いされる始末(涙)

 

■東京で初めての恋

そんな中、東京で初めて恋に落ちた女は
同じ学校に通う栗色の髪をした女の子。

だけど当然、奥手な僕は中々話しかける勇気すらもてなかった。

(唯一接点があるとすれば、
授業中の机が隣同士だったということだけだった。)

だけど俺は今度こそ変わるんだ!
僕は意気込んで、その当時書店に並ぶ
『恋愛マニュアル本』を読み漁った。

お恥ずかしいのだけど、
憧れの栗色ヘアの彼女に告白することを
その年最大の目標に定めたのであります。

しかし、その甲斐もあってか、
僕はその女性をデートに誘うことに成功したのです!
(↑日本の7不思議の内の一つです)

でもそれからは僕の人生の絶頂期でした。
東京の女と、映画、遊園地、代々木公園…でデート。

そして、彼女とデートを重ねていった僕は、
『完全に舞い上がっていた』。

だから当然、流れとして彼女に
告白するものだと思っていたのです。

 

そしてそれは、忘れもしない彼女との初めてのクリスマス。

街は恋人たちとイルミネーションに彩られ、
山下達郎のクリスマスイブがへヴィーローテーション真っ只中。

今まで彼女がいない僕は
生まれて初めてこの行事を心待ちにしていた。

おしゃれなイタリアンのディナーと、
プレゼント交換。

そして…“遂に二人は結ばれる…!”

僕は彼女にクリスマスの計画を伝えた。
…だが、その答えは僕が予想だにしないものだった。

 

彼女の答えは、

「ごめんなさい、私好きな人いるの…」

 

 

 

 

 

…え?

「な、なんっじゃ、そりゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
(↑心の声です)

そう、僕はよりによって、最低のタイミングで振られたのだ。

彼女だと思っていたのは完全勘違いだった。。
女にモテていたと思っていたのも嘘だった。。

 

 

(拝啓おかあさん。俺…消えてなくなってイイすか?)

そう。以上が、僕の悲惨な話。

そんな悲惨な振られ方をした、僕が
あなたに何をお伝えできるのか?

それは、
『ある事がキッカケでその43日後に彼女を再び取戻し、
しかもそれから、10人の女もついでに落としてしまった事です』。

(は?うそだろ?)

…と、思った方は、僕のその後の話を
お伝えしますので是非見てみてください。

●漫画で分かる、元オタクの挫折と成功。
⇒ http://seo-man.biz/cb/333/

 

それでは最後まで読んで頂いてありがとうございました。

瀬名ハルタ

 

PS
言い忘れていましたが、
今なら50頁の、“非売品”かつ、“面白い”と大反響を得た
恋愛マニュアルも無料進呈中でございます。

是非、サイトからプレゼントを手に入れてみてください。
読んでみて決して損はありませんから。

それどころか、一瞬で女と恋愛に対する価値観が
変わってしまう恐れも御座います。。

コメントを残す